保湿化粧水でアトピー肌を改善 HOME  » アトピー肌さんが気になるこんな状況 » 花粉症

花粉症

アトピー性皮膚炎と花粉症の関係や、症状を悪化させないための対策を紹介しています。

アトピー性皮膚炎と花粉症

いまや4人に1人は花粉症といわれるほど、患者数の多い花粉症。なかでももっとも多いのがスギ花粉症です。

花粉症とは、「花粉に対するアレルギー」に伴うさまざまな症状のことを指します。

目のかゆみや鼻水・くしゃみなどがおもな症状で、花粉が直接触れる部分の皮膚症状が出ることもあります。

アトピー性皮膚炎も花粉症と同じく、「アレルギー」が引き金になる疾患。

そのため、アトピー性皮膚炎の人の半分以上の人に、花粉症の症状も見られます。

もともとアトピーを持っている人が花粉に反応すると、肌の乾燥やカサカサ、かゆみなど、皮膚症状がよりひどく出ることが多いようです。

ひどくなるのは腕や首、顔など肌が露出している部分がメインで、これは花粉が直接肌についてアレルギー症状を引き起こしてしまうためです。

目のかゆみや、鼻水・くしゃみ・鼻づまりなどの「いわゆる花粉症の症状」は、出る人も出ない人もいます。

また、もともとアトピー肌でない人も、花粉の季節だけは肌が乾燥してカサカサになるといったアトピー症状が出ることもあります。

この場合は、花粉の季節が過ぎると症状は治まることが多いようです。

アトピーと花粉症両方を持っている人の場合、アトピー性皮膚炎が治った後も花粉症が続く場合が多く、花粉症のほうが、より初期の段階からアレルギー反応が現われやすいということができるかもしれません。

アトピー肌さんの花粉症対策

花粉の季節以外もかゆみやカサカサがつらいアトピー。

花粉症の時期だからといって悪化するのは、本当につらいですよね。

ここでは、花粉が飛びやすい2月~5月に、アトピー肌を悪化させないための方法をまとめてみました。

花粉に触れない・吸い込まない

花粉によるアレルギーの影響を減らすには、花粉との接触を避けることがもっとも効果的な対策です。

具体的には、以下のようなことを実行してみましょう。

  • 外出時はマスクをする
  • 肌を露出させない…薄手のツルツルした素材の長そでなどを着るなど
  • 家の換気は最小限に……窓は網戸を通して10cm程度開けるくらいにとどめる
  • 布団や洗濯ものを外に干さない…布団乾燥機や浴室乾燥などを利用
  • 室内に入るときは、服や髪についた花粉を払い落す
  • 手洗い、洗顔、うがいをこまめにして花粉を洗い流す

何の花粉にアレルギー反応を起こすのか知っておく

花粉といっても、アレルギー反応を起こすのは、スギ、ヒノキ、カモガヤ、シラカバ、イネ…など、人によってさまざま。

反応する花粉によって、症状が出る時期も異なります。

皮膚科や耳鼻科などでは、簡単なパッチテストで検査することもできますので、花粉症かな?と感じたら、一度きちんと検査することをお勧めします。

薬の使用は、必ず組み合わせに注意

アトピー性皮膚炎の治療でステロイドを使用している場合、花粉症の薬と組み合わせることで、体に悪い影響を与えたり、余計に症状を悪化させてしまう場合もあります。

花粉症で薬をもらう場合は、アトピー性皮膚炎であることを必ず医師に伝え、正しい組み合わせの下、ステロイドや抗ヒスタミン薬を使用しましょう。

「刺激しない」「保湿」の基本ケアは花粉症も同様に

花粉症で皮膚に炎症が起きたりかゆみがひどい場合も、基本的なケアはアトピーと変わりません。

同じくアレルギーによる皮膚のトラブルなので、掻きむしったり、叩いたりなどはNG。

刺激の強いシャンプーや洗剤、化粧品なども避けて、肌に優しい成分を使った保湿剤を使い、荒れやすい部分をしっかりと保湿することで、かゆみやカサカサなどの症状が落ち着く場合が多いようです。

この記事の関連のページ

Copyright カサカサ退散!アトピー肌をやさしく守り隊. All rights reserved.