保湿化粧水でアトピー肌を改善 HOME  » 【アイテム別】アトピー肌用アイテムの選び方 » シャンプー

シャンプー

フケやかゆみのお悩みが多い頭皮のアトピーは、刺激の強いシャンプーでより悪化してしまうことも…。アトピー肌でも安心して使えるシャンプーの選び方をまとめています。

アトピー肌をいたわって守るシャンプーとは

頭皮は、体の中でもっとも皮脂の分泌が多い部分のひとつ。

そのため、頭を洗うシャンプーに含まれる洗浄成分(界面活性剤)は、強力な洗浄効果を持つものが多く流通しています。

いっぽうでアトピーは、全身の肌が極度に乾燥して、アレルギー反応などの刺激によってかゆみや炎症を引き起こしてしまう状態。

皮脂分泌が多い頭皮においても例外ではなく、天然保湿成分や細胞間脂質(セラミド)が体質的に少ないため、常に乾燥している状態です。

そのため、市販されているシャンプーは、アトピー肌の頭皮には刺激が強すぎてピリピリしたり、炎症やかゆみが悪化する恐れがあります。

乾燥しがちな頭皮をなるべくいたわって洗うためには、洗浄力がマイルドなものを選ぶことが重要。

そのためにはシャンプーの主成分である、「界面活性剤」の見分け方が重要なポイントです。

界面活性剤の見分け方

シャンプーの裏などに書かれている成分表示、「水」の次を見ると、そのシャンプーに使用されているおもな界面活性剤が書かれています。

大きく分けると以下の3つのタイプとなります。

高級アルコール系…ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなど

もっとも多くのシャンプーに使われている洗浄成分。

泡立ちが良く、皮脂の洗浄力が強く、値段も安いのですが、石油を由来とした合成物質のため、頭皮への刺激も高く、余分な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまいます。

また、環境への悪影響も懸念されています。

石けん系…オレイン酸Na、ラウレス-3酢酸Naなど

生分解性が高く環境に優しい、いわゆる「石けん」が洗浄成分のメイン。

高級アルコール系よりは劣るものの、洗浄効果が高く、ナチュラル派の人たちに人気です。

ただし、アルカリ性のため、弱酸性である肌には負担がかかります。

また、泡立ちが悪い、洗い上がりがきしむなどの、使用感の悪さの声も目立ちます。

アミノ酸系…ココイルグルタミン酸Na、ココイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNaなど
(ココイル○○、ラウロイル○○とつくもの)

近年注目を浴びてきているのが、このアミノ酸をメインとした界面活性剤。低刺激で洗浄力がマイルドな成分です。

弱酸性なので頭皮にも優しく、泡立ちや洗い上がりの良さもまずまず。

環境への影響もあまり悪くありません。

とくにアトピー肌の人には、良いことずくめの洗浄成分なのですが、値段が高いものが多いことがたまにキズです。

刺激に非常に弱くなっているアトピー肌の頭皮には、3番目のアミノ酸系を主成分にしたシャンプーがオススメです。

洗浄力がマイルドなため、頭皮の皮脂を落としすぎずに、いたわりながら汚れを落とすことができます。

ただし、かきむしった部分が化膿したり、炎症から汁が出ている場合は、シャンプー自体の使用頻度を減らす「湯シャン」もオススメします。

2~3日に一度シャンプーで洗い、その他の日はお湯で頭皮を流すだけというもの。

不足した皮脂の分泌を待ち、頭皮の皮膚バリア機能を回復させる効果が期待できます。

髪の毛が長く、きしみがどうしても気になる場合は、毛先のほうに少しだけトリートメントを付けてケアしましょう。

アトピー肌さんに使ってほしいシャンプー3選

さくらの森 ハーブガーデンシャンプー4,000円/1本300ml)
さくらの森 ハーブガーデンシャンプー 成分 水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココアンホプロピオン酸Na、他天然由来エキス多数
天然成分100%にこだわったオーガニックアミノ酸系シャンプー。合成界面活性剤やシリコン、防腐剤不使用でありながら、しっかりとした泡立ちとツヤツヤ の洗い上がりを実現した逸品です。頭皮の汚れや余分な皮脂をきちんと洗い流しながらも、頭皮の保湿や髪の毛のうるおいも守ってくれます。高価な点が唯一の 難点ですが、定価の半額で商品を購入できるモニターキャンペーンも行なっているようです。
uruotte-ウルオッテ(2,000円/260ml)
uruotte-ウルオッテ 成分 水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタインほか、天然由来エキス&精油多数
天然のヤシ油から作られたアミノ酸系洗浄成分をはじめ、99%が植物由来成分で構成されているuruotte(ウルオッテ)。頭皮を守ってしっかりと汚れ を落としながら、オーガニックホホバオイルの保湿力で、しっとりさらさらの洗い上がり。洗髪はシャンプーのみで完了で、リンスやコンディショナーは不要で す。ヘアサロンやカリスマスタイリストもこぞって使用する、今をときめくアミノ酸系シャンプーのひとつといっても過言ではありません。
the MILLS-ザ ミルズ(2,963円/250ml)
he MILLS-ザ ミルズ 成分 水、グリセリン、ラウロイルメチルアラニンNa、ミリスチルベタイン、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、コカミドDEA、BG、トレハロースヒドロキシ プロピルトリモニウムクロリド、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルトレオニンNa、ココイルグルタミン酸Na、ほか天然由来のオーガニックオイルや植物エキス多数
頭皮の乾燥や皮脂の詰まり、イヤなにおいなど、頭皮トラブルを抱えている人向けに開発されたエイジングケア専用のアミノ酸シャンプー。毛穴に詰まった皮脂や 不快臭の原因をしっかりと洗い流す洗浄力を持ちながらも、ヒアルロン酸やホホバオイル、シアバター、セラミドなど、保湿成分がたっぷりと配合されており、頭皮に必要な皮脂や保湿成分は守ってくれます。グレープフルーツのさわやかな香りと使用後のサラサラ感で、男性にも人気のある商品です。

この記事の関連のページ

Copyright カサカサ退散!アトピー肌をやさしく守り隊. All rights reserved.