保湿化粧水でアトピー肌を改善 HOME  » 【知っておこう!】アトピー肌の基本情報 » 成人アトピー性皮膚炎とは

成人アトピー性皮膚炎とは

大人がアトピー性皮膚炎にかかったらどうしたらいいの?原因や治療法を紹介しています。

どうして発症してしまうの?成人アトピー性皮膚炎について

強いかゆみや湿疹に苦しめられるアトピー性皮膚炎。

多くの場合、極度の乾燥肌(ドライスキン)とアレルギー反応などの要因が重なって起こります。

ひと昔前は、アトピー性皮膚炎を発症するのは乳幼児や小学生くらいまでの子どもがほとんどで、成長するにつれて自然に落ち着くことが多かったのですが、近年では成人になってもアトピー性皮膚炎が治らない、または大人になってから再発するという例も多数見られるようになってきました。

大人の場合は、子どものアトピー性皮膚炎に比べてよりかゆみが強く、長引くのが特徴的で、代表的な症状であるかゆみやカサカサ、丘疹などに加えて「痒疹(ようしん)」と呼ばれる、円形で赤く盛り上がる湿疹がみられます。

この湿疹は、非常にかゆみや痛みが強く、ステロイドや飲み薬でも効かない場合がある、難しい症状であると言われます。

成人アトピー性皮膚炎の原因と対処法

大人になってからアトピー性皮膚炎を発症する原因としては、以下のようなものがあげられます。

ダニやハウスダスト・花粉などの環境的なものに対するアレルギー

乳幼児のうちのアトピー肌は、卵や小麦などの食べ物アレルギーに起因することが多いため、アレルゲンとなる食べ物を除去することで症状の改善が見込めます。

いっぽう、学童期の子どもや大人のアトピー性皮膚炎は、ダニや花粉、ハウスダストなどの、環境的要因に対するアレルギー反応で発症することが多いとされています。

これらのアレルゲンは、こまめな掃除や換気などである程度減らすことはできますが、完全に除去することは難しく、そのために症状が長引くこともあるようです。

不規則な生活習慣・ストレス

アレルギー要因や乾燥肌を持っていても、体内の免疫機能が整っていれば、アトピー性皮膚炎を発症しない人もいます。

仕事などで忙しい毎日を送ったり、連日の飲酒や睡眠不足などが続くと、体内の免疫機能が知らず知らずのうちに低下し、あるとき急に湿疹やかゆみとなって現われることがあります。

また、女性は、妊娠や出産によるホルモンバランスの変化や、月経周期によってアトピー症状が出ることもあります。

大人になってからアトピー性皮膚炎になってしまったら、ふだんの生活に対する要注意サインかもしれません。

ステロイドや飲み薬などを上手に使用して症状を抑えながら、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事、適切なスキンケアを心がけてみましょう。

アトピー症状は、日々の疲労の蓄積であることが多いため、即効性のある治療法は残念ながらありませんが、自分のアトピーの原因がどこにあるかを見極め、ストレスや生活を改善していくことで、徐々に良くなっていくことが多いようです。

この記事の関連のページ

Copyright カサカサ退散!アトピー肌をやさしく守り隊. All rights reserved.