保湿化粧水でアトピー肌を改善 HOME  » 【知っておこう!】アトピー肌の基本情報 » 乳児/小児アトピー性皮膚炎とは

乳児/小児アトピー性皮膚炎とは

乳幼児に多い皮膚の病気、アトピー性皮膚炎について、原因やおもな症状をまとめています。

乳児のアトピー性皮膚炎

生まれてから2歳ぐらいまでの乳児は、皮膚のバリア機能が未熟なことが多いため、ほんの少しの刺激や乾燥でブツブツが出やすく、アトピー肌かな?と疑われる場合が多いようです。

とくに生後すぐは、皮脂分泌が過剰な赤ちゃんが多く、頭や顔がにきびのような湿疹やかさぶたで覆われることがありますが、これらは脂漏性湿疹と呼ばれ、アトピー性皮膚炎とは異なります。

2~3ヵ月は清潔を保つことを心がけながら様子を見て、あまりにも改善されなければ医師に相談しましょう。

この年齢ごろのアトピー性皮膚炎は、卵や牛乳、小麦、大豆などの食物アレルギーに起因するものが多く、アレルギー検査によってアトピー素因があるかどうか判定されます。

症状は顔や頭、耳などを中心に、じくじくとした湿疹が出ます。

左右対称に出ることが多く、耳の付け根がカサカサしてただれる「耳切れ」という症状なども特徴的です。

症状がひどい場合は、弱いステロイドの塗り薬などを使用してかゆみを抑えます。

乳児の場合、成長するにつれて皮膚のバリア機能が整い、自然と治癒していく場合も多いようです。

幼児・学童期のアトピー性皮膚炎

2~10歳ごろのアトピー性皮膚炎は、ひじやひざの内側や首、耳たぶなどが乾燥してカサカサし、かゆみの強い乾いた湿疹が出ることが多いようです。

とくに冬は、乾燥した気候も手伝って、かゆみも強くなります。

また、夏は汗や虫さされによる刺激が加わり、じくじくした湿疹になりやすく、化膿してしまうこともあります。

このころのアトピー肌も、皮膚のバリア機能が整っていないこと、環境要因(ダニや花粉など)のアレルゲン、食物要因のアレルゲンなどによって引き起こされます。

アトピー性皮膚炎になってしまったら、とにかく「掻き壊さないこと」を中心にケアをしてあげましょう。

掻きむしることでよけいにかゆみが強まりますし、掻き壊して傷になってしまうと、より皮膚が厚く固くなり、乾燥しやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。

かゆみが強いことが多いため、子ども自身もケアする側も大変ですが、患部を冷やしたり、ぬるま湯でこまめに汗を流すなどして、できるだけ肌を清潔で刺激の少ない状態にすると、治りが比較的早いようです。

また、思春期を迎え、ホルモンバランスが整うころには、自然と落ち着くことが多いようです。

この記事の関連のページ

Copyright カサカサ退散!アトピー肌をやさしく守り隊. All rights reserved.