保湿化粧水でアトピー肌を改善 HOME  » 【知っておこう!】アトピー肌の基本情報 » ステロイド剤について

ステロイド剤について

アトピー性皮膚炎に処方されるステロイド剤(副腎皮質ホルモン外用剤)のメリットとデメリットをまとめています。

ステロイドはどうしてアトピーに効くの?

アトピー性皮膚炎の症状を抑えるために使用される薬として、一般的に使われている代表的なものといえば、「ステロイド外用剤(副腎皮質ホルモン外用剤)」です。

つらいかゆみや炎症などを鎮めてくれる、心強い薬ですが、副作用の危険性も指摘されているため、使用をためらう人もいるのではないでしょうか?

メリットとデメリットがあるのはどんな薬でも同じです。

適切な使い方を知って、アトピーを上手にコントロールしましょう。

そもそもステロイド剤は、免疫反応を抑制する働きのあるお薬です。

アトピーは体のアレルギー反応に関連した皮膚の炎症で、アレルギー反応は外からの異物や刺激に対して、体の免疫が過剰に反応し、異物を体から追い出そうとした結果生じるもので、炎症やかゆみを引き起こします。

ステロイド剤はこの免疫反応を抑えるため、アレルギー反応によるアトピー症状を改善する効果があるのです。

花粉症に対する抗ヒスタミン薬と同じようなイメージと言っていいかもしれません。

ステロイド剤(塗り薬)には、「最強(ストロンゲスト)」「とても強い(ベリーストロング)」「強い(ストロング)」「弱め(ミディアム)」「弱い(マイルド)」という5段階の強さがあります。

炎症の度合いや場所によって、適切な強さのものを使用します。

もっとも、ステロイドは「症状の緩和・抑制」のみに効果があり、アレルギーが起こる原因そのものをなくすわけではありません。

対症療法のひとつにすぎないので、アトピー性皮膚炎の根本的な治療は、皮膚のバリア機能の回復と、アレルゲンの除去などといった環境に関するケアが第一となります。

ステロイドの副作用と正しい使い方

アレルギー反応によるひどいかゆみや炎症をスッとなくしてくれるステロイド剤。

アトピーに悩む患者にとって本当に心強い存在ですが、「免疫機能を抑制する」という薬の特性上、いくつかの副作用があると言われています。

ウイルスや細菌に弱くなる

ステロイドは体内の免疫機能を抑制することで、炎症を抑えるお薬。

つまりステロイドを使っている間は、必然的に体の免疫が落ちてしまいます。

風邪などのウイルス性・細菌性疾患にかかりやすくなったり、別のアレルギー症状が出てしまったりする可能性もあります。

ただし、内服した場合は免疫が落ちやすくなりますが、ステロイド外用剤に関しては、それほど極度に免疫が落ちるということではないようです。

皮膚が薄くなったり、血管が拡張する

ステロイド外用剤(塗り薬)を長期間塗り続けていると、皮膚が薄くなったり、その下の毛細血管が浮き出て見えるようになることがあります。

これは、アレルギーを抑える効果で、皮膚の新陳代謝や新しい皮膚の生産も抑えてしまうためです。

これらを防ぐためにも、ステロイドは医師の管理のもと、適切な強さのものを適切な量で使用していくことが大切です。

急に使用を中止するとリバウンドが起こることがある

ステロイド剤を一定期間使用し、症状が治まって肌がきれいになってきても、急に使用を中止してはいけません。

急激な免疫機能の変化によって、かえって皮膚に炎症が起こってしまうことがあるからです。

特に強い作用を持つステロイドを長期的に使用していた場合は、少しずつ量を減らし、皮膚の様子を見ながら、一定の量のステロイドでかゆみや炎症を抑えて、アトピー肌をコントロールしていくことをお勧めします。

この記事の関連のページ

Copyright カサカサ退散!アトピー肌をやさしく守り隊. All rights reserved.