保湿化粧水でアトピー肌を改善 HOME  » 【知っておこう!】アトピー肌の基本情報 » アトピー肌とは?

アトピー肌とは?

アレルギーと深いかかわりを持つ「アトピー性皮膚炎」の概要を紹介しています。

アトピー性皮膚炎とは

「アトピー性皮膚炎」は、アレルギー性疾患のひとつです。

遺伝的な原因で発症することもありますが、多くの場合は、花粉や食べ物、ダニ、ハウスダストなど何らかのアレルギー反応のひとつとして、皮膚にかゆみのある湿疹ができる状態を指します。

皮膚のバリア機能が低下した「超乾燥肌(ドライスキン)」の人に起こりやすく、これらの症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、継続的に症状が出ることも大きな特徴です。

「アトピー」という名前の由来(ギリシャ語で場所が「不特定」の意)どおり、全身どこにでも起こる可能性があり、症状も小さな湿疹程度のものから、体中に強い炎症を伴うものまでさまざまで、それぞれに合った治療とスキンケアが重要とされています。

アトピー性皮膚炎のおもな症状

アトピー性皮膚炎は、全身どこにでも発症する可能性があり、症状の程度も人によって異なりますが、共通してみられるポイントがいくつかあります。

強いかゆみがある

一般的な虫さされ程度のかゆみよりも、もっとずっと強くひどいかゆみがあることが多く、一日日中掻き続けて傷になってしまうことも少なくありません。

湿疹が体の左右対称に出る

おでこや頭皮、目、口、頬、耳、首まわり、脇、ひじやひざの内側などに出やすいと言われています。体の左右同じように湿疹が出ることが多く、不特定に出るじんましんなどと比べると一目瞭然です。

継続的に症状が出る

アトピー性皮膚炎は、塗り薬や飲み薬で症状が良くなることが多いのですが、少し良くなったらまた悪くなり、薬で落ち着かせる…といったことを繰り返します。乳幼児は2ヵ月以上、児童~大人では6ヵ月以上症状が続くと、アトピー性があると診断されます。

さらに、実際の皮膚の状態は、以下の3点が特徴的です。

1.かさかさ

皮膚からの分泌する皮脂が非常に少なく、保湿機能も低下するため、常にカサカサしています。また、「鱗屑(りんせつ)」という、フケのように細かな皮膚がはがれおちることもあります。

2.湿疹(赤い腫れ)

赤く炎症になったり(紅斑)、ブツブツした湿疹ができたり、小さなドーム状の腫れ(丘疹)が見られたりします。強いかゆみや痛みがあります。

3.じくじく

湿疹やカサカサをかきむしることにより、皮膚に無数の浅い傷がつき、じくじくとただれたり、化膿することもあります。これらを繰り返すことで、皮膚全体がごわごわと厚く固くなった状態を「苔癬化(たいせんか)」と呼びます。

この記事の関連のページ

Copyright カサカサ退散!アトピー肌をやさしく守り隊. All rights reserved.